テーマ:

花一輪

久々に一輪挿しに花を入れました。 当地では、この花(ツツジ)の季節は既に終わりましたが、散り忘れの花が目についたので、細い枝を3本指でつまみ折って持ち帰り。 その花です。 一輪挿しに入れた花です。 花と一輪挿しを掛けた全体絵です。 【ツツジ】、【つつじ】は、文字にすることが出来ますが、漢字で【躑躅】は書けません。100回書いても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜まつり

大分県竹田市の岡城祉に散れば桜の乱舞を見るらんと、 朝早く7時にから出発した。 市街のあちこちに交通警備員がいて、桜まつり開催日に行き当たった。 ラッキー!だけど駐車場は空いてるか?ちょっと心配事! 高速道路が出来て、北九州から2時間で城祉観光駐車場に到着。 まだ、まだ、空車駐車場十分で、見学料金を支払って城跡へ! 先ずは、大手門跡への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花ニラの花?

春分の日、何かを何を為すこともない。 小さな庭に花が咲いている。 植えた記憶は無いが毎年咲いている。 白い花弁の花ニラの花か? この花は、少し群生してる。 こちらは、ちょっと微かに青い花弁の花 この黄色の花もニラだろうか? 暇潰しに花アップです。 テレビのニュースが、桜の開花と花見時期を放送している。 しかし、私には全く縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花一輪

山裾を散歩中に目にした山椿の花を一枝手折り、 竹の一輪挿しに入れました。 正月を挟んで約3月ぶりの投稿です。 山茶花と椿の花は、見た目は似ていますが、散り方が違い、 一般的に、花びらが散るのか山茶花で、椿は花首から落ちる、 と聞いてます。 京都には、花びらから散る椿もあると聞いたような!? 花種はどちらでもよいが、花はその花なりに美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝶の種も名も知りません。 夢中で蜜の吸引中なのでようで!? 余程、空腹に耐えられなかったのでしょうか?! 側に寄っても飛び去りません。 蜜で満腹になったら、いなくなるでしょうか! 人は、財にも物にも満足しないなー!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野花

休日土曜日、目覚めの早朝8時。 庭の片隅に咲いた露草を雨が、濡らしている。 その花の茎を三輪ほど摘み、一輪挿しに入れました。 なぜ、そんなことをしたか??!雨の中に! 単なる暇潰し。 その花姿です。先ずは、一輪! そして、次は二輪! 最後は、三輪! どれが良いか?!。 そんなことが、私に分かるわけない! 露草は、朝咲いた花が昼に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雨=酷暑

豪雨後の朝の青空。 朝の花。花名は知らず。隣の畑に咲く。 雨後だからかだろうか?その色鮮やかさで我が目を奪う。 我が家のダリア。萎れる花に変わり、まだまだ咲くよと言ってます。 雨天は青空になり、花はその季節には咲く。 毎年のように雨の災害報道が繰り返される。 そんな日本だけど、日本人は助け合いの精神を持っている。 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一輪挿しに=花二輪

台風の雨、風に朝から家の中に閉じ込められています。 テレビの台風情報を聴きながら本を読んでると、ふと雨音が聞こえなくなり、すりガラスの窓の外も明るくなった。 台風は近づいているのに、これは、嵐の前の静けさか?と、そんな思いを浮かべて勝手口のドアを開けて外に出た。 空の近い彼方では、雲が何かに追われているように速いスピードで東から西に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の花=ダリア

小さな庭の隅でダリアが咲いています。 その一輪を摘んで自作の竹の一輪挿しに入れました。 その花をアップで写すのは、タブレットカメラの写り具合を見るためです。 何度も繰り返し見ていますが、その日の天気で写りが少し違うようです。 小さな一輪挿なので水の入れ替えで一週間は、花も萎れることなくその姿を見せてくれるでしょう。 花も野菜も人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香花=くちなし

人それぞれに体感的な適度の差はあるが、今朝の気温、湿度そして天の青色に清々しさを感じ、一歩、二歩、三歩と散歩に出た。 家並みの続く村中のブロック屏沿いを過ぎ去ろうとする時、ふと甘い香気がして回りを見渡すと一輪の純白の花が顔を覗かせて、[私はここよ!]と呼びかける花の声がした。 八重咲きの梔子の花です。ちょっとアップした絵がこれです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more