テーマ:日記

田舎の紳士(石像)

田川郡赤村にある源じいの森ホタル館の道路沿い入口に案内表示看板があり、この案内板の前に石像(推測)がある。 なぜ、この姿、この風貌なのか疑問?も持たず、写真に写したが、ホタル館入口前に立て掛けられた写真撮影用の看板の絵を見て、そうだったのか!と納得した。 ちなみにホタルの目の下の楕円形の黒いところは、写真撮影用に顔を入れるところです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今時の花=菖蒲

日曜日、為すことも無く、一日無為に過ごす。 自分の意思を以て行った事実は、今が旬の花菖蒲を近くの公園に見に行ったことです。 菖蒲池には、木道が架けられています。 右側。入口から見れば左側になります。 左側。 花は、丸いコンクリートの枠の中に植えられています。 三色の花をアップしましたが、私には、白が似合うと自分で納得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花一輪

久々に一輪挿しに花を入れました。 当地では、この花(ツツジ)の季節は既に終わりましたが、散り忘れの花が目についたので、細い枝を3本指でつまみ折って持ち帰り。 その花です。 一輪挿しに入れた花です。 花と一輪挿しを掛けた全体絵です。 【ツツジ】、【つつじ】は、文字にすることが出来ますが、漢字で【躑躅】は書けません。100回書いても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お祭と山笠

久々に生立八幡神社(みやこ町犀川)の祭を見学に! 平成筑豊鉄道犀川駅からは、山笠(山車)8基の登りが遠目に少し見えます。 駅から7~8分で祭場に到着。 神社鳥居と幟 鳥居前の神社広場には、山笠が8基並んでいます。 山笠は、8基の内、車山が2基、担ぐ山が6基で、見るのは断然に担ぐ山が、雄壮です。 なぜ見るのが雄壮で面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元乃隅稲成神社

春の陽気に誘われ、山口県長門市の元乃隅稲成(稲荷ではありません。)に! 我が家からは、関門トンネル(通行料金150円)を通り一般道で山口県内の山間部を縦断の3時間の行程でした。 往路は、休憩もすることなく、ひたすら運転で、神社の駐車場に到着。 駐車場入口から見た神社方面の景色。 駐車場と本社の間から望んだ朱鳥居の列なりと、紺碧の日本海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪華観光列車【コトコト号】

タイトルのとおり、第三セクターの平成筑豊鉄道が、 観光列車【コトコト列車】を3月末から走らせているとの ことで、その走行風景を見ようと犀川駅に行った。 この駅には、動物の【犀】の角に似せたシンボルの塔がある。 それを駅駐車場から太陽を塔の先端に置いて写しました。 無人駅の改札を通りホーム(駅裏)からの画が、これです。 夜になると塔は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜まつり

大分県竹田市の岡城祉に散れば桜の乱舞を見るらんと、 朝早く7時にから出発した。 市街のあちこちに交通警備員がいて、桜まつり開催日に行き当たった。 ラッキー!だけど駐車場は空いてるか?ちょっと心配事! 高速道路が出来て、北九州から2時間で城祉観光駐車場に到着。 まだ、まだ、空車駐車場十分で、見学料金を支払って城跡へ! 先ずは、大手門跡への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

列車接近

散歩道が、線路に平行して約2キロ程ある。 その道を散歩中、列車の走る音が聞こえてきた。 前方に列車の影は見えなかったので、後ろを振り向くと 近付いてくる姿にカメラを向けた。 時間、10時51分11秒 時間、10時51分12秒 時間、10時51分14秒 時間、10時51分16秒 時間、10時51分17秒 時間、10時51分18秒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕食?夜食?

午後6時に食べるのは、夕食か?、夜食か? 今時の6時は、暗いから夜の食か! 久々のパン、ステーキ、コンソメスープで洋食。 ちょっとすくないか?とプラスで野菜炒を追加。 追加分は不要だった。 食も細くなった。 え!、細く?、少なくなった!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産業・文化祭

地方の町では、産業祭と文化祭が同時に同一場所でおこなわれる。 住民の楽しみと地方活性化に一生懸命のようだが、年々その祭も規模の縮小化は、否めない。 産業部門の出店者と文化系の出展者、また、来客者は、圧倒的に高齢者が多い。 そんなことで私も故郷の祭の参加者になった。 テント張のステージでは、自衛隊の演奏会が行われていた。 ここには、若者も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

得か!=損か?=プレミアム商品券

11月4日の日曜日、午前9時からプレミアム商品券の発売があるとのことで、発売場所に購入に出向いた。 購入は、誰かに頼まれたと言うより、お願いという無言の命令です。 発売時間50分前に着いたが、すでに数十人が行列をなしていた。 一冊、10,000円で1,500円のプレミアがつき11,500円の買物券です。 購入限度は、1人、3冊(3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11.3=文化の日

今日、文化の日は、国民の祝日です。 99%の国民が休日であることは知っているだろう。たぶん! その【11月3日は、明治天皇の誕生日にあたり、明治期には天長節、 また、昭和初期には明治節として祝日になっていた。 そして、文化の日は、自由と平和を愛し、文化をすすめることを趣旨にしている。】と、wikipediaには記載していた。 その謂れは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号=昭和

公用書類のほとんどが、生年月日を元号で記入するように表示されている。 6ヶ月後からは新たな元号の漢字になるだろう。 昭和で生まれ、だからではないが、大分県豊後高田の【昭和の町】に初めて行ってみた。 この市は、昭和時代の風物で街の地域振興を図っている。 このボンネットバスは、その代表的な動く昭和時代の一つです。 このバスの通行の邪魔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口県=徳山市

新幹線に乗って徳山駅で降車です。 久々と言っても7月に新幹線に乗って以来の3ヶ月ぶりです。 7月の福井では駅前の風景をアップしたので、この駅には何かないかと見てまわったが、これだと特別な物も無いので、駅の二階からの風景を投稿!。 駅から瀬戸内海側の風景の望遠写真です。 これは、上の絵の遠景です。 そして駅の2階にはオープンスペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の実=実葛

【名にし負ばば逢坂山のさねかずら人に知られでくるよしもがな】 百人一首にある藤原定方の和歌、我が家のブロック塀側にあるそのさねかずらが赤く色づきました。 塀の内側から写したもので、まだ、緑色の実もありますが、 色づいた実をアップです。 外側にも蔓を伸ばし実をつけています。 塀に沿って水路と野道がありますが、人通りが無いので、 見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通りすがりの花

たまたまその道を歩いて通ると、秋の花が 美しさを誇るように咲いていた。 水路の横にある家のフェンスを隠すように咲き誇る花は、 芙蓉。で、良いかな? 空き地を囲むフェンスに絡み付いた小さな朝顔。 境界も無い細い道路沿いの雑地に伸びるセイタカアワダチ草。 少し昔、このセイタカアワダチが、河川敷を黄色に 埋め尽くしていたが、この頃少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化祭=神楽

空に曇は、見当たらない朝であった。 食欲、文化、読書とその昔から言い習わした言葉の、 文化に触れようと文化祭で催される神楽見学! 笛と太鼓のリズムに乗って舞う神主と鬼さん。 特に見たいという意志で会場に来たのではなく単なる暇潰しの つもりであったが、最後まで見てしまった。 何か引き付けるものがあるのだろうか??? 途中で鬼さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日没後

2018年10月11日(木曜日)18時07分、残照の西空。 残り陽の色が、薄く鮮やか過ぎる。 空の青、野山の黒、そして残照の薄赤帯の三色が、 美しいような?、不気味なような?、そんなような? スペースシャトルが、見えるとテレビで放送していたので、 寒い空の下で探したが、残念ながら見えなかった。 運勢悪し也。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワースポットは、石群

約三時間のドライブで、その石の丘に到着です。 駐車場から遊歩道を歩きながら丘の上を見上げると 石群が見えます。 10分ほど坂道を歩いて着いた丘の頂上にやや大きな石が点在し、 眺望は東西南北360度の見晴らしです。 東に久住山。 南に阿蘇の根子岳 西と北には阿蘇外輪山の草原 そして、この丘にある押戸石の巨石群のひとつです。 そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の味覚=柿

長方形の家の敷地の角と長方形短辺の中央に 柿の木が植わってます。 敷地角の柿は甘柿、中央は富有柿です。 角の今年の甘柿は、写真のように一部分の枝に 鈴生りです。 今朝、この柿を枝から適当に10数個ちぎり(収穫)、 カメムシ被害や虫食いの著しいのを除きました。 見た目は、汚れていますが、それは農薬などで消毒していないからです。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休中日は、驚異の工芸展

三連休とテレビニュースに世間が騒ぐので、この際、踊る阿呆になって、 二日間(土曜、日曜)北東に南西と車を走らせました。 一日目(土曜日)の目的は、五感の内の食感充足のグルメで、 柿、梨、葡萄ゲットのドライブです。 道の駅、3連水車の里の建物。 店内には、多くの果物が販売されてます。 梨の試食はあったが、柿と葡萄は無かった。残念。 昼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野花

休日土曜日、目覚めの早朝8時。 庭の片隅に咲いた露草を雨が、濡らしている。 その花の茎を三輪ほど摘み、一輪挿しに入れました。 なぜ、そんなことをしたか??!雨の中に! 単なる暇潰し。 その花姿です。先ずは、一輪! そして、次は二輪! 最後は、三輪! どれが良いか?!。 そんなことが、私に分かるわけない! 露草は、朝咲いた花が昼に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火前

蒸し暑さに花火見物の夜遊びに来たが、 暇で行き場の無い、為すこともない多くの暇人が、 道路をふさぎ歩くこともままならない。 そしてこれが、花火前の空景色 花火のタイトルで花火の絵の無い、変わり者です。 今年の燃える熱さに頭の中も燃え尽きた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒゴタイと裏見の滝

8月、暑い夏、終盤の日曜日。 ご苦労なことに、3時間もの時間をかけて 久住高原(熊本県産山村)のヒゴタイを見学にドライブでした。 キク科、ヒゴタイ属、種はヒゴタイです。 その姿は、鮮やかな瑠璃色の球状で、アザミの花を 丸くしたような感じで、葉は、切れ込みがあり刺があります。 ヒゴタイの咲いた花の畑は広くないので、30分も要せずして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

815の朝は!

台風の風が、5時前からやや強く吹きはじめて、 20分ほどで止んだ。 吹き始めは、まだ暗かったが止むころには、 西空の雲の一団と東の青空のコントラストが!、 台風の動きを表しているのか! しかし、蒸し暑い。 家から出てみると、西の山景の中程に 虹の橋が架かっていた。 久々に見たので、写真。 こうした自然の不思議な芸術に目を癒された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あさがお

今年の盆休みは、むし暑さで朝の目覚めが早い。 薄明かるい屋外に出ても空気の清々しさは感じられない。 お隣の畑の荒れた隅で、朝顔の花が数輪顔を出していた。 その一輪を頂いて活けました。 燃える日中、蒸し蒸しする夜明、そんな日々でも、 花は、季節を感じて咲かせた。 その鮮やかな色に目を癒されるか? それは、人それぞれ?・・!か!?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅一点の鯉

暑い、熱い、真夏日の一日。 暇潰しにブラリと車を走らせると、 大分県耶馬溪の青の洞門近くに居た。 休憩に河原へ出ると、川中に鯉がいたので、餌を買って 撒くと、黒鯉が一団となって寄ってきて、餌の取り合いに! 黒鯉の一団に近寄りがたいのか、紅一点の緋鯉が、 遠慮がちに餌にありつこうと眺めていた。 もし、地球上に食料不足が起きたら、人間界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌の記事タイトル

避暑に隣町図書館へ! 入館料、閲覧料、借本料は、公営なので勿論無料。 新聞、雑誌、文庫本、単行本、専門書など、など。 ヨリドリミドリ。 暇潰しに爆弾記事を書く雑誌を見ていると、 こんな記事タイトルが! 活字を少し変えたら今ワイドショーを賑わす人・人になりますか!? あなたは、どのように変えますか? 私には、難題過ぎます。 言葉が、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏野菜?=ゴウヤ

暑いより!、熱い!が、今時の夏になったのだろうか? そんな日々は、早く目覚めてしまう。 今朝は6時前に目が覚めた。 外に出て庭の小さな畑のトマトの見回り。 まだ、青いが、明後日くらいには3~4個は熟れるかな? ゴウヤも緑色と白の2本を植えました。 掌サイズの実が、共に一つ蔓にぶら下がっていました。 こちらが、白ゴウヤ。 黄色のゴウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅前のお迎え者

昨日、特急→新幹線→特急でこの街に来て、 今日、その街から同じくJRで身体を運んでもらってます。 その街の駅前で送迎を担当するのは、こんな体動物?! 2体の彼等?彼女?らは、向かい合って唸り声で 威嚇しあっています。 人類史の初期から現代までと同じように、闘争の世界だったのか?! こちらは、上の2体の倍以上の大高・横長でゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more