豪華観光列車【コトコト号】

タイトルのとおり、第三セクターの平成筑豊鉄道が、
観光列車【コトコト列車】を3月末から走らせているとの
ことで、その走行風景を見ようと犀川駅に行った。
この駅には、動物の【犀】の角に似せたシンボルの塔がある。
それを駅駐車場から太陽を塔の先端に置いて写しました。
画像

無人駅の改札を通りホーム(駅裏)からの画が、これです。
画像

夜になると塔は、青?い光が内部に照されます。

午後2時40分頃、駅に観光列車【コトコト列車】がまもなく到着です。
画像

到着風景
画像

列車の乗車口に列車名が、記されています。
画像

犀川駅には一旦停車のみで、直ぐに終着の行橋駅に向け走り去りました。
画像


この鉄道観光列車は、筑豊の【直方駅】を出発して3時間のゆっくり走る
ランチ列車で、料金は15000円弱とのこと。
噂によると6月までは予約満席とのこと。良かったです。
長く人気が続くことに期待しよう。
JR九州のななつ星、JR西日本の瑞風と豪華高額な観光列車が、
走っていますが、第三セクター平成筑豊鉄道もそれにあやかろうと、
頑張ってます。
しかし、コトコト列車も私には高額であり、全く縁遠い列車なので、
見学で味わうこととしました。はい!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック